« ☆ヒーリング・ミュージック・チャンネル☆ ナビゲーター:ちゃお♪ | トップページ | 003. 簡単!楽しい!イメージ力を高めるお絵描き »

2011年10月12日 (水)

002. OK牧場は心理学用語?!

>戻る

 

「OK牧場!」

はい、皆さんご存知のとおりこのセリフは元WBC世界ライト級チャンピオン、ガッツ石松さんが連呼して流行ったセリフですね。

実は、心理学の交流分析という考え方に「OK牧場」というものが存在するのです。因みに、ガッツ石松さんは映画のタイトルから「OK牧場!」と言っていたようですが・・・。

こちらが交流分析における「OK牧場」です。

 

Ok_2

 

交流分析とは、アメリカの精神科医エリック・バーンにより開発された精神療法です。彼は、反発を招く人間関係は性格の不一致というよりコミュニケーションのあり方に問題があると考え、交流分析により個人をより良く改善することができるということに着目しました。

交流分析では自我状態を知ることから始まります。そこで4つの基本的構えとして、第1の立場から第4の立場が挙げられ、通常第4の立場である "I'm not OK. You're not OK." から第3の立場、第2の立場を経て健全なポジションである第1の立場 "I'm OK. You're OK." の状態を目指します。

このように、まるで動物の群れが草原を移動するように、思考の状態が図上でエリアを移動することから、この図自体が「OK牧場」と言われています。

交流分析が最終的に目指す状態とは、「誰しもが尊重され、自分の人生を生きるに値する存在である」という考え方を前提に、互いに肯定的な態度で関係を作り出していくという状態です。にっこり微笑んで「OK牧場!」と言っているガッツ石松さんは、まさに交流分析が目指すエリア、第1の立場にいる状態と言えるでしょう。

 

>戻る

 

参考:東京・ビジネス・ラボラトリー

 

« ☆ヒーリング・ミュージック・チャンネル☆ ナビゲーター:ちゃお♪ | トップページ | 003. 簡単!楽しい!イメージ力を高めるお絵描き »

COCOROに効く色々な話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ☆ヒーリング・ミュージック・チャンネル☆ ナビゲーター:ちゃお♪ | トップページ | 003. 簡単!楽しい!イメージ力を高めるお絵描き »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ